コラム
私たちの存在意義

こんにちは。いい家創り応援ネットの代表取締役の半澤です。いつもコラムを読んで頂きありがとうございます。

本日は、私が誰の何のためにどういう価値を提供していきたいのか、会社理念や社是を通じてお伝えしていきます。

会社理念

弊社の会社理念は、『最高の真心と最新の住宅営業を通じて、縁あった人との出会いが、生涯のお付き合いとなりますように』としています。

この意味を少し文章ごとにまとめてお話させてください。

最高の真心

私のいう「最高の真心」とは、拙著「真心」にも述べていますが、『本当に目の前の相手に打算や計算ではない、ただひたすら縁する前よりも縁した後に相手が幸せと感じていただけるように、自分が今できる最高のおもてなしをしてあげること』です。

そして、「最新の住宅営業を通じて」とは、私が2008年11月に独立してから常に大切にしていることは、今ドキの住宅を検討している消費者の声を大事にしたいという想いから、住宅営業の最前線に立ち、その現代に生き通用する机上の空論ではない本物の営業現場の実践を通して培ったノウハウを、ご縁のあった人に提供していきたい、と考えています。

一期一会

よく「半澤さんのクライアントはよい方が多いですね」とB to Bをメインにされている同業やメーカーの法人営業の方、商社の方に言われることがあります。それはおそらく『一期一会』という言葉にもあるように、一生に一度しかない人と人の出会いを大切にしていきたい。その言葉に共感・共鳴してくれている消費者やクライアント先だからといつも感じています。

私が好きな戦国時代に出てくる茶道の千利休も「今あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡ってこないたった一度きりのものです。だからこの一瞬を大切に想い、今できる最高のおもてなしをしましょう」と述べています。

 また私が学んでいた大阪にある妙見覚志寺の住職だった全日本経営人間学協会の竹内日祥先生も『ビジネスで成功するか失敗するか、の法則はたった1つ、それは人との出会いを活かせるかどうかだ』と言われています。私は、このことを教えていただいてから、仕事上で出会う全ての人との出会いに感謝し、感謝される関係を構築していきながら、一生のお付き合いができることを仕事の中心においています。

生涯のお付き合い

生涯のお付き合いという言葉も、2つの意味がありまして、言葉通り、生涯のお付き合いをしたいという能動的な意味と、出会う相手から、一生のお付き合いをしたいと思われる人間になりましょう、という自戒の意味があります。

仕事は、人間修養することであり、仕事場は道場です。日々、自分の心を磨いていくことが魅力ある人間となり、出会う方々から生涯のお付き合いをしたい人間と思われることを目指してまいります。

社是

全国の中小の工務店の営業支援を通じて、お客様の幸せ創りに貢献する

社是というのは、会社の目的です。

住宅は、家族生活の基盤をなすものですから、よい家づくりは、よい家族生活を創ることに繋がります。従って、家づくりは幸せ創りといえます。

しかし、日本では住宅価格は、まだまだ高額なものであり、日本人にとって住宅は大きな買い物となっています。さらに、多くの人は住宅ローンによって家を手に入れるため、家づくりに夢を持つと同時に大きな不安も抱いています。従って、工務店は家を建てるお客様の立場に立って、幸せ創りを実現するために、信頼関係のもとに家づくりをしていく必要があります。

当然家を建てるお客様も、自分たちの気持ちを理解し、幸せ創りを実現してくれる、信頼できる工務店で安心して家づくりを進めたいと願っています。ところが、現実は、このような家づくりをしていたのでは経営は成り立たないのではないかという不安から、工務店は自分たちの立場を守るために、幸せ創りの実現よりも利益を優先し、信頼関係よりも価格や設備等でお客様を引きつけながら家を建てているという側面があるのも現実です。

それは、幸せ創りとは程遠い、まさに住宅販売に過ぎないものということができます。このような中で、本当にお客様の幸せを願い、お客様の立場に立って、お客様との信頼関係を築きながら、経営的にも成功している工務店も世の中に実在しています。また小規模ながらも、真剣にお客様のことを想って、経営をし、技術力が高い工務店もいます。

ただ、自社の戦い方が分からなかったり、大きくすることは考えないものの、年間きちんと経営が成り立つ棟数をしっかり受注できる工務店になりたいけど、営業力が安定せずに伸び悩んでいる工務店も多く見受けられます。

社名に込めた想い

そこで、私は「株式会社いい家創り応援ネット」を設立し、工務店の経営活動、特に工務店の住宅営業の受注支援を応援することを通じて、良い家づくりをしている工務店様と一緒にお客様の幸せ創りを実現するお手伝いをしています。

具体的には、工務店のお客様から売上を上げる背中を見せ、お客様の喜びの笑顔を創ることだけでなく、一緒に働くクライアント企業様のスタッフも笑顔にし、そのやり方を残していくことで、経営の安定化につなげていきたいと考えます。

その上で、「成功している工務店のノウハウを集結し、お客様の幸せのために家創りをしたくても、どのようにすればよいかわからない工務店に、この成功ノウハウを提供し住宅営業力を強化することを通じて、真にお客様のことを考える工務店を増やして行くこと」に取り組んでいます。

そしてこのような考え方に共鳴してくれる縁あった工務店同士の絆を結びたい(ネットしたい)と考えています。

弊社の存在意義

この「株式会社 いい家創り応援ネット」は、住宅購入を検討している多くの人々の抱える日本の住宅産業の諸問題に取り組み、住生活の向上に寄与することを目的として活動していきます。

その結果、多くの人々が工務店との信頼関係のもと、安心して家づくりをしてゆとりある幸せな生活を送ることができるようになることで、広く公益の増進に貢献するものであります。 

最後に…

今回は、大事にしている考え方をお伝えさせて頂きました。

どの企業でもそうだと思うのですが、経営者の経営理念や社是というのは、経営者の価値観の結晶です。そこには、経営者の気持ちや想い、志や方針、やり方などがすべて詰まっています。

私も志新たに、新しい絆を作れるように鋭意努力していきます。